胸が大きいことはいいことだけじゃなく、お悩みも意外と多いんです。

MENU

大きな胸はいいことばかりじゃない?

TOPページで紹介しているように、理想的な胸の大きさはCカップ、Dカップです。
男性であればFカップやGカップを好む人もいますが、Hカップ以上を好む人は少数派になり男女ともに魅力を感じてもらいにくい胸になってしまいます。

 

グラビアアイドルのように大きくて形や弾力、ハリもよければ憧れの存在になりますが、希なケースです。大きな胸はいいことばかりではありません。

 

バストサイズはサプリメントなどで後天的に大きくすることもできますが、目標を達成した時点で取り組みはやめてサイズアップのしすぎにも注意しましょう。

 

 

大きい胸に対しての悩みランキング
形が乱れやすい(将来垂れる不安もある)
肩こり
周囲の目線が胸元に集まりすぎる
男性ウケが悪い
ヤリマンだというイメージを持たれる

 

 

胸が大きくなると綺麗な形を維持することも難しくなり、垂れやすくて垂れたときの見栄えも悪くなります。

 

大きい胸のせいで肩こりに悩む女性

形に関する悩みと同じくらい多い意見が肩こりです。
胸が大きくなると、重いものを常にぶら下げて生活することになります。
慢性的な肩こりをはじめ、何かをするときに胸が邪魔になって生活に支障が出る声も多数あります。

 

 

 

また、世間一般的に胸は大きすぎると男女ともに周囲からの評価は悪くなります。
女性に関しては他人事で大きい胸の女性のことを羨ましいと思っている方もいますが、男性の場合は陰で胸をネタにした悪口を言われたり小ネタにされることもよくあります。
周囲からの評価が良くないのに、目線は胸元に集まるのでコンプレックスを抱えている女性も多く、貧乳と同様に洋服選びで胸のサイズを気にしたり、ボディーラインに出ないように気を使っている方も多いです。
小さい胸を大きく見せるだけならパットを入れるだけでも対応できますが、大きい胸を隠すには圧迫感のある端正ブラを使う必要があります。
日常的なストレスも多くなりますし、胸の大きさを隠すための端正によって形が悪くなってしまうケースもあります。

 

また性に対しての悩みを口にするケースも多く、胸が大きいだけでヤリマンとか男性を色気で誘惑しているなど女性を敵に回したり、男性との関係が1晩限りで終わってしまい継続的な恋愛や関係に発展しないケースもあります。

 

バストアップについてアドバイスする女性

 

人間はないものねだりで、「隣の畑の野菜は美味そうに見える」という格言もあります。
胸が小さいことにコンプレックスを抱えている人は、大きければ大きいほどいいと思うかもしれないですが、大きい胸もいいことばかりじゃないことを覚えておきましょう。