医学的にも胸は大きくできます。諦めないでください!

MENU

胸が膨らむ仕組み

胸が膨らむ仕組みを簡単にまとめると女性ホルモンや成長ホルモンによって乳腺が大きくなると、乳房の脂肪や筋肉も連動して増えていきます。

 

バストがアップしたと笑顔の女性

乳腺は胸のサイズに大きな影響を与える部分で、胸のサイズは乳腺1に対して脂肪・筋肉9という比率関係があります。
つまり、現在の乳腺の大きさを1にしたときに、乳腺が2になると胸のサイズも2倍になります。

 

胸が大きくなるのは女性だけの特徴です。
男性でも胸の大きい人はいますが、肥満や大胸筋を鍛えるなど、乳腺以外の脂肪、筋肉によって大きくなっているだけです。

 

女性は乳腺が大きければ、細い身体で運動をしていなくても胸だけが大きくなっていきます。

胸が膨らむのは、将来子供が生まれて授乳するための準備でもあり、全体のサイズは乳腺の大きさと連動しています。

 

 

バストアップサプリで大きくなる原理

乳腺が発達するのは女性だけの特徴で、女性ホルモンの分泌によって乳腺が発達してバストアップしていきます。

 

サプリメントでは、女性ホルモンの分泌を促す効果があり、それを胸へ伝達する効率を高める効果のある成分も含まれています。
女性ホルモンは卵巣で生成されて身体の中を循環していきます。

つまり、女性ホルモンの量と循環によってサイズアップ効果が発生し、サプリメントではそれぞれを促す成分を配合しています。
女性ホルモンが増えると美肌になって生理不順も改善されるなど、様々な相乗効果も期待できます。

ただし、乳腺や胸のサイズは大きくなくても女性であれば妊娠、出産を経て授乳ができますし、胸が大きければ母乳もたくさん出るとは限りません。
乳腺の大きさや女性ホルモンの分泌量は生活習慣の影響を受けるので、胸の小さい人は何かしらの問題を抱えています。
長年胸の小ささにコンプレックスを抱いていた人でも、正しい対策を取れば後天的に乳腺を発達させることは可能です。

 

 

栄養補給以外でも胸は膨らむ

成長期を過ぎても胸は大きくなります。
バストアップはマッサージも効果的で、男性に揉んでもらうと大きくなりやすいとも言われています。
人間の構造的に男性から胸を揉まれたり、性行為をすると女性ホルモンの分泌が活発になるからです。

 

実際に胸が大きい人は何をしているのか「胸の大きい人の共通点」を見てみましょう。