バストアップサプリは指示された用法用量を守って使いましょう。

MENU

バストアップサプリの副作用や注意点

バストアップサプリの副作用で苦しむ女性

バストアップサプリに興味を持ったけど、副作用の出た口コミを見て利用を躊躇している方も多いのではないでしょうか?
商品によっては副作用リスクがあるのも事実で、何も調べずに飲み始めることも危険です。
バストアップサプリの副作用や注意点をまとめました。

 

 

プレラリア系の副作用リスク

バストアップサプリは大きくプレラリア系非プレラリア系に分類されます。

>>バストアップサプリの種類と選び方

副作用リスクの高いのはプレラリア系で、非プレラリア系の中でも人気が高いプラセンタ系に関しては皆無とまではいきませんが、副作用リスクは非常に少ないです。
どの商品でも飲み始めて体調不良や肌荒れ、湿疹などの異常が出たらすぐに使用を中止して医師に相談してください。

 

プレラリア系は女性ホルモンの量を増やすもので、過剰摂取すると女性ホルモンが増えすぎてしまい次の副作用リスクが発生します。

・頭痛
・吐き気
・生理不順
・腹痛
・むくみ
・不正出血
・動悸、息切れ

副作用で頭痛がする女性

どの症状も、すぐに使用をやめて適切な処置をすれば後遺症が残る大きなトラブルには発展しません。
しかし、副作用が出ても飲み続けてしまう場合は重大な病気の原因になることもあります。

 

バストアップサプリは危険というイメージを待たれている方も多いですが、適量を飲む分には副作用リスクはほとんどありません。
一日の摂取量の目安は200mg~400mgで副作用リスクが高いとされる目安は1,000mgです。

 

サプリメント系は全て即効性はなく継続して飲み続けることで少しずつ効果が現れていきます。
すぐに効果を実感したいからといって過剰摂取したり、慣れてきたからといって適量以上の量を飲むことは絶対にやってはいけません。
不安があれば、少量を試しのみして経過を見たり、適量を上限に少しずつ摂取量を増やしていくとよいでしょう。
もちろん、昨日飲み忘れたことを理由に2日分一気に飲むのもNGです。
商品によってプレラリアの配合量は違うので、1日分あたりの配合量を把握して適切にコントロールしましょう.

粗悪品も多い
プレラリアは配合量だけではなく、品質も重要です。
一部では質の悪い粗悪品や製造工程で主要な成分が死んだり体内への吸収効率が悪くなっている商品もあります。
原産国、品質管理、メーカーのネームバリュー、口コミ評価を見て商品選びは慎重に行いましょう。

 

その他の副作用リスクもある

バストアップサプリは主要成分(プレラリアやプラセンタなど)をサポートする成分や、不足しがちなビタミンなど様々な成分を配合しています。
どの商品にもアレルギーや体質と合わずに副作用を起こす原因のものが含まれている可能性があります。
体調や肌、胸、生理周期など少しでも異常を感じたらすぐに使用するのをやめましょう。
決してバストアップサプリの副作用リスクが高いワケではなく豊富な栄養成分を配合したサプリメント全てに共通した注意点です。
バストアップサプリの使用法をしっかり理解した上で利用を考えましよう。