間違ったサプリ選びは体調不良などの副作用を引き起こします。

MENU

バストアップサプリの種類と選び方

バストアップサプリに興味を持ったら、種類と選び方を把握しましょう。
効果には個人差もあり体質によって合わなかったり副作用リスクの高い場合もあります。
ランキング上位商品を使えば良いとは限らず、自分にあったタイプを選ぶようにしてください。

 

プレラリア系かどうか?

バストアップサプリの定番成分で、プエラリア(プエラリアミリフィカ)を配合しているかどうかをまずチェックしましょう。

 

バストアップサプリメントの成分プエラリア

プエラリアとはタイ北部やミャンマーの山岳地帯で採れるマメ科の食物で女性ホルモンに似た効果を及ぼす成分を持っていることで有名です。
バストアップのほか、美肌効果更年期障害の改善など夢のような効能がありますが、副作用リスクもあるデメリットがあります。

 

植物性エストロゲンという成分を配合していて、女性ホルモンと効能が似ているため、サプリメントを飲むだけで自然と女性ホルモン量が増えて乳腺の発達に働きかけてくれます。
本来、女性は卵巣で女性ホルモンを生成して体内を循環して胸(乳腺)に伝達しますが、プレラリア系サプリメントを飲めば卵巣の女性ホルモン生成とは関係なしにホルモン量を増やせます。
さらにプレラリアにはプエラリンという女性ホルモンの分泌を促すイソフラボンを大豆の40倍配合している成分も豊富です。

 

つまり、擬似女性ホルモン(植物性エストロゲン)と本物の女性ホルモンの分泌を促すダブル効果で乳腺の発達を促すため、幅広い方が効果を実感できます。
しかし過剰摂取をすると女性ホルモン量が増えすぎて、様々な体調不良を起こしてしまうリスクがあります。
決してプレラリアの成分自体に副作用効果があるわけではなく必要以上に女性ホルモン量が増えすぎてしまうことによる弊害です。

正しい使用方法を守れば安心なので、初めてのバストアップサプリや非プレラリア系のサプリメントで効果のなかった方にオススメできます。

 

女性ホルモンには様々なものがありますが、半数以上はプレラリア系です。
非プレラリア系の中で高いシェアを誇るのがプラセンタ系です。
こちらも美肌、アンチエイジング成分として有名なもので、ホルモンバランスを整える成長因子を豊富に含んでいます。
つまり、女性ホルモン量は足りているけどホルモンバランスが悪い方の場合はプラセンタ系でプレラリアを配合していないサプリメントでも効果を実感できます。

 

 

選び方

プレラリア系は一部の過剰摂取による副作用で悪評もありますが、正しく適量を使えば安全です。
ずっと胸が小さいままの方はプレラリア系を選ぶとよいでしょう。
配合量の平均は200mg~400mg、副作用リスクがあるのは1,000mg程度と言われています。
不安があれば、配合量の少ない商品から試していき、サポート成分は品質、口コミで商品を見極めましょう。
ストレスや出産、授乳など胸が縮んだりホルモンバランスの乱れが気になった場合はプラセンタ系から試してみてもよいでしょう。

 

副作用リスクや種類の多さでまだ買うか悩んでいる方は、おすすめバストアップ方法をまず試してみてはいかがでしょうか。